【30代女性、立ち仕事での腰痛】が改善した症例

【30代女性、立ち仕事での腰痛】が改善した症例

来院動機

1か月前にぎっくり腰(急性腰痛)により1週間程度動けなくなる。

その後、動けるようにはなり仕事復帰したが立ち仕事で腰の痛みやだるさを感じる。

所見

腰の前屈、後屈、後屈右回旋の動作で右腰に痛みが出る。左側屈では右腰のつっぱり感を感じる。

腰椎の横突起に圧痛所見あり。

大腿四頭筋の短縮所見。その影響と考えられる立位での骨盤過前傾と腰椎過前弯が観察される。

超音波エコーで観察したところ右の腰方形筋の筋膜、筋内にfasciaの重積あり。

腰方形筋

立ち仕事での腰痛エコー

以上の所見により、腰方形筋の筋膜(胸腰筋膜)や筋内腱のfasciaの重積による痛みと判断する。

施術

腰方形筋のfasciaの重積に対して超音波エコーガイド下鍼施術の雀琢術(鍼を出し入れして刺激を行う手技)にて重積部のリリース。その後、鍼通電を行い筋緊張の緩和を図る。

また、骨盤過前傾の原因である大腿四頭筋を手技にて緊張の緩和を図る。

自宅では大腿四頭筋に対するストレッチと腰部安定のためのトレーニングの指導を行う。

経過

初回:施術の翌日に少し重だるさが出るがその後楽になっていく。立位での姿勢でまだ痛みが出る。

2回目:初回後よりも感覚が良くなる。仕事中の立位姿勢での痛みはほぼなくなる。仕事後の重だるさが出る。

3回目:仕事中の痛みは消失。腸肋筋にも重積が観察できたので、超音波エコーガイド下にて鍼施術を行う。

考察

職場の異動により座り仕事から立ち仕事への変化と、骨盤過前傾により腰部の筋の短縮位による緊張から血流低下によりfasciaの重積、滑走不全が起きたことによる腰痛だったと考えられる。

腰部の筋への施術はもちろんだが、痛みをおこす原因(今回は大腿四頭筋)にも対応していくことで、痛みの出にくい身体作りができる。