【30代女性、立ち仕事での腰痛】が改善した症例

【30代女性、立ち仕事での腰痛】が改善した症例

来院動機

1か月前にぎっくり腰(急性腰痛)により1週間程度動けなくなる。

その後、動けるようにはなり仕事復帰したが立ち仕事で腰の痛みやだるさを感じる。

所見

立位での骨盤過前傾による腰椎前弯がみられた。

超音波エコーで観察したところ腰方形筋の筋膜、筋内にfasciaの重積あり。

腰方形筋

立ち仕事での腰痛エコー

施術

腰方形筋のfasciaの重積に対して鍼の雀琢術(鍼を刺し上下に動かす)にて重積部位のリリース。

また、骨盤過前傾に対するトレーニング指導を行う。

経過

1度目の施術により少し痛みは出るが立位時の腰痛が改善する。

2度目の来院時には仕事中の痛みは消失。

3度目の来院時には腸肋筋にも重積が観察できたので、超音波エコー下にて鍼施術を行う。

考察

職場の移動により座り仕事から立ち仕事への変化と、骨盤過前傾により腰部の筋緊張から血流低下によりfasciaの重積、滑走不全が起きたことによる腰痛だったと考えられる。