坐骨神経痛

こんなお悩みはありませんか?

  • お尻や足が痛い
  • 足が痺れる
  • 足の力が入りにくい
  • よくつまずく
  • 痛みで靴下がはけない
  • 歩いているとお尻や太もも、足が痛くなる

坐骨神経痛の病態

坐骨神経痛とは坐骨神経支配領域に起こる痛みことを言います。

神経性の痛みは電撃が走るような強烈な痛みで、他にも運動麻痺や感覚鈍麻などの症状も伴う事が多いです。

坐骨神経は人体で一番太くて長い末梢神経で、腰部から臀部、大腿後面を通り、細かく分枝しながらつま先まで支配します。

坐骨神経痛1

坐骨神経痛とは腰臀部からつま先にかけて(大腿前面を除く)起こる電撃が走るような強烈な痛みということになります。

坐骨神経痛を引き起こす主な疾患

坐骨神経痛を引き起こす原因は以下のようなものがあります。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板とは上下の脊椎間を連結していて、上下の圧や衝撃を緩和させる働きを持っています。

腰椎椎間板ヘルニアとは、この腰椎にある椎間板が加齢変性や強い衝撃などによって外方に突出した状態をいいます。

後外方に突出した椎間板が神経根を圧迫した際に坐骨神経痛が片側に起こります。

後方に突出した椎間板が脊髄を圧迫した際には坐骨神経痛が両側に起こり、膀胱直腸障害を引き起こします。その場合は手術適応となります。

突出した椎間板はマクロファージ(白血球の一種)に貪食されて消失することもあります。

神経根や脊髄を圧迫しているかどうかはSLRテストやラセーグテスト、ブラガードテストなどで判別ができます。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は脊柱に存在する神経の通り道である脊柱管が腰椎レベルで狭くなってしまった状態を指す疾患です。

加齢による骨棘の形成や黄色靭帯の肥厚などによって起こるほか、すべり症や腰椎椎間板ヘルニアなどの疾患に伴って発症することもあります。

いずれの原因でも両側性に発症し、間欠性跛行が見られることが多いです。

間欠性跛行とは歩いているときに症状が出ても、姿勢を変えたりしゃがんで休憩をしたりすると症状が緩解される歩行障害のことをいいます。

腰椎分離・すべり症

脊椎分離症とは脊椎の上関節突起と下関節突起の間をつなぐ椎弓の峡部という狭い部分における骨折を起こした状態をいいます。

脊椎すべり症とは上位椎体が下位椎体に対して前方にすべって移動する状態の総称をいいます。

脊椎の分離が起きてその分離に起因してすべりを起こすことが多く、これを分離すべり症といいます。

分離症は局所の鈍痛や疲労感が主症状とされますが、すべり症はすべりが強いと脊髄を圧迫してしまい両側性の坐骨神経痛や大腿神経症状、しびれ

麻痺、膀胱直腸障害を起こすことがあります。

梨状筋症候群

臀部にある梨状筋という筋の過緊張や加齢による萎縮によって坐骨神経を圧迫した際に坐骨神経痛を引き起こします。

Kボンネットテストで症状が再現された場合陽性となります。

レントゲンでは鑑別ができず、MRIやCTを用いても経験豊富な先生でないと判断が難しい疾患で、ほかの疾患と誤診されてしまう事も少なくありません。

後縦靭帯骨化症(OPLL)

椎体の後壁に存在し縦方向に連結する後縦靭帯が骨化変性を起こす疾患で、骨化した後縦靭帯が脊髄を圧迫して神経症状を起こした場合に後縦靭帯骨化症という病名がつけられます。

どの脊椎レベルで圧迫をしているかによって症状が変わり、腰椎レベルで圧迫があると両側に坐骨神経痛や大腿神経症状、しびれ、麻痺、膀胱直腸障害などの症状が起こります。

坐骨神経痛に対する当院の施術実例

上記の疾患以外にfascia(筋、腱、筋膜、靭帯、脂肪体、支帯、関節包、骨膜、神経周膜、血管周囲結合組織など、線維性結合組織の総称)の癒着により坐骨神経痛を引き起こすことが多々あります。

例えば以下のようなものがあります。

症例1 主訴:下肢の痺れ痛み

医療機関での診断:腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

来院動機:2ヶ月程前から下肢に痛みが出現、病院では腰椎椎間板ヘルニアによる痛みだと言われ牽引治療を行っていたが変化は出ず、当院に来院。

当院での対応:理学検査、触診をしたところヘルニアによる痛みの可能性は低いと判断、中殿筋、小殿筋周囲の※1 Fascia(ファシア)への施術を行い症状がほとんど解消(※2 NRS-2)。その後同様の施術を行い症状は緩解した。

原因:長時間のデスクワークにより中殿筋、小殿筋周囲のfasciaが癒着

坐骨神経痛2

中殿筋と小殿筋のエコー画像、赤丸部分が痛みの原因と考えられるFasciaの癒着

症例2 主訴:下肢後面の痺れのような違和感

医療機関での診断:坐骨神経痛

来院動機:1年以上前から症状が出ていて病院でも原因がわからず、坐骨神経痛と言われ内服薬(痛み止め)を処方されていたが症状に変化なし、その後当院に来院。

当院での対応:理学検査、触診後、エコー観察を行ったところハムストリングスと坐骨神経のFasciaの癒着だと判断、坐骨神経周囲のFasciaをエコーガイド下で整体、鍼施術を行い疼痛が軽減(※2 NRS-5)。その後、数回同様の施術を行い症状は解消された。

 

原因:運動不足、不良姿勢でソファに座る時間が長いため大腿部周囲のfascia、坐骨神経周囲のfasciaが癒着

坐骨神経痛3

ハムストリングスと坐骨神経のエコー画像、赤丸部分が痛みの原因と考えられるFasciaの癒着

動画は殿部から超音波エコーにて坐骨神経を観察しています。
膝関節の屈曲伸展(曲げ伸ばし)で坐骨神経の滑走性を評価後、徒手にて坐骨神経周囲のfasciaをリリースしました。
施術前後で明らかに坐骨神経の滑走が良くなっているのがわかると思います。


これらの症例のように椎間板ヘルニアなどによる坐骨神経痛と診断された場合でもFasciaの異常が原因であることが多々あります。

※1 Fascia 筋、腱、筋膜、靭帯、脂肪体、支帯、関節包、骨膜、神経周膜、血管周囲結合組織など。線維性結合組織の総称。

※2 NRS(Numerical Rating Scale) 痛みを評価するスケール。0~10までで痛みの強さを表す。0が痛みを感じない、10が考えられる痛みの中で最大。