横須賀のi-Styleは本格施術を行うリピート率97%の鍼灸整体院です!

i-Style


腰痛でお悩みの方へ

腰痛の原因は大まかに下記に分類されます。

腰痛症の分類

1.椎間関節由来の痛み

腰椎の上下を繋ぐ関節面で炎症を起こすために痛みが生じる。
椎間関節の部位に圧痛が認められる。
朝起きたときに痛みが強く、身体を動かしていくうちに痛みが和らいでいく。


Facet1.jpg
後ろから見た椎間関節

Facet2.jpg
横からみた椎間関節

2.筋・筋膜由来の痛み

筋肉への急激な負荷や過度の緊張、疲労によって生じる痛み。
重い物を持ち上げようとした時などに激痛が走る。
痛めた筋肉を伸張させようとすると痛みが増強される。
広範囲に痛みが出るが、強い圧痛点はある程度限局した原因の筋に認められやすい。

3.仙腸関節由来の痛み

腰椎の前屈、後屈、側屈で痛みが誘発され、仙腸関節面に一致した鈍い圧痛が特徴的。
腰全体が圧迫されたような痛みを訴える。
同じ姿勢を長時間続けていると徐々に痛みが強くなっていく。


Sacroiliac.jpg
 

4.椎間板ヘルニアによる痛み

多くは下肢痛を伴う。
脊髄神経根に一致した部位の痛み、しびれ、筋力低下が認められ、感覚障害の位置も一致する。
膀胱直腸障害が認められる場合は神経麻痺になる可能性が高いため、早急な手術が必要になる。比較的若い年齢層にも認められやすい。

5.脊柱管狭窄症による痛み

脊柱管の内径が他の支持組織によって圧迫を受け狭くなり、脊髄や神経、血管を圧迫することで症状が発現する。
長時間歩行をすると両側の腰から足裏にかけて痛みやしびれが出現する。
休むとまた歩行ができるようになる。(間欠性跛行)

6.腰椎分離・すべり症による痛み

脊椎後方の骨が折れた結果、分離を起こし脊椎構造自体がすべることによって発症する。
同じ姿勢で長くいると痛む。また同じ動作を続けていると徐々に痛みが増していき我慢ができなくなる。成長期の子どもでは野球のバットスイング時に発症することがある。神経根症状を伴うこともある。

7.変形性脊椎症による痛み

腰部に重苦しい鈍痛と筋肉のこわばり感が認められる慢性的な腰痛症。
椎間板、関節、靭帯の加齢的な変化による。
骨棘の形成により脊髄神経根の圧迫を起こし、下肢への神経根症状を伴うこともある。

8.骨折による痛み

多くは骨粗鬆症により脊椎が脆弱になっており、転倒など様々な原因で起きる腰椎圧迫骨折である。
同椎体棘突起に叩打痛が特徴的。
安静時に軽快し、運動時に疼痛が著明となる。

9.腫瘍による痛み

腰下肢痛に関わらず安静時でも軽快せず、夜間睡眠障害をきたすほどの痛みへと進行していく。
 

鍼灸整体施術で対応できる腰痛

主に1、2、3が原因の腰痛症です。

この3つに共通することはFascia(筋・筋膜、靭帯、骨膜、関節包などの膜)が関係することです。
また4椎間板ヘルニア、5脊柱管狭窄症、6腰椎分離・すべり症と病院で診断されたものでもFasciaが原因であることが少なくありません。
当院でも椎間板ヘルニアと診断された方が多く来院されますが鍼灸整体施術で改善する方が多々おります。


Fasciaによる腰痛~超音波エコーを用いた鍼施術~

腰の痛みの原因となるFasciaは多くあります、ここではよく見られる痛みの部位を紹介します。
 

椎間関節/多裂筋、腰方形筋、大腰筋Fascia

腰椎と腰椎を繋ぐ椎間関節(関節包)と腰椎に沿って走行する多裂筋などの筋膜部分のFasciaです。
くしゃみをした際などに痛みが出始めることが多く、重い物を持ち上げようとした時、草むしりをしていて立ち上がろうとしたときなどにも痛みが出始めるます、いわゆるギックリ腰の原因となる部位です。
この部位を確実に鍼で狙うには熟練した技術が必要ですが、エコーガイド下で鍼施術を行うことで容易にアプローチすることができます。
  echoback1.jpg

仙腸関節(後仙腸靭帯)Fascia

骨盤を形成する仙骨と腸骨を繋ぐ仙腸関節を強化する靭帯です。
同じ姿勢で長時間座っていると痛みが出始めるます、また体幹を後屈させたりひねったりすると痛みます。腰部の他に臀部にも痛みを起こします。
骨と骨の間の隙間部分を狙うので高度な技術が必要ですが、ここもエコーを使用すれば確実にアプローチすることが出来ます。
 

当院での施術実例

症例1 主訴:腰部から臀部にかけての痛み

医療機関での診断:椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛
来院動機:病院で椎間板ヘルニアと診断され、牽引や内服薬(痛み止め)、経皮吸収型消炎鎮痛貼付剤(湿布薬)での治療を受けていたが変化が見られず、当院に来院。
当院での対応:理学検査や触診から椎間板ヘルニアによる痛みの可能性は低いと判断し、腰方形筋周囲のFasciaに整体、鍼で刺激したところ症状が緩解(※2 NRS-3)。その後同様の施術を行い症状は解消された。

胸腰筋膜.jpg

症例2 主訴:腰部を強く打ってから1週間続いている腰痛

医療機関での診断:腰椎分離症
来院動機:病院ではぶつけた衝撃で分離が起きて痛みが出ていると診断、経皮吸収型消炎鎮痛貼付剤(湿布薬)を処方されたが痛みに変化は見られず、当院に来院。
当院での対応:検査や触診をしたところ分離症よる痛みの可能性は低いと判断、Fasciaによる痛みの可能性が高いと考え、疼痛部近傍の多裂筋に鍼で刺激をしたところ、症状が緩和した。(NRS-4)。
椎間関節.jpg
 
※1 Fascia 筋、腱、筋膜、靭帯、脂肪体、支帯、関節包、骨膜、神経周膜、血管周囲結合組織など。線維性結合組織の総称。
※2 NRS(Numerical Rating Scale) 痛みを評価するスケール。0~10までで痛みの強さを表す。0が痛みを感じない、10が考えられる痛みの中で最大。

i-Styleのご案内

住      所:
神奈川県横須賀市追浜町2-6
アクセス:
京浜急行追浜駅より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
046-866-1592
営業時間:
9:00-21:00(最終受付19:30)
定休日:
毎週水曜、日曜

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ