横須賀のi-Styleは本格治療を行うリピート率97%の整体です!

i-Style


超音波エコーを用いた施術

当院では超音波エコーを用いた施術を積極的に取り入れております。

最近よく取り上げられる筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントによって引き起こされる疾患を筋膜性疼痛症候群(MPS)と言います、最近の研究では多くのトリガーポイントは筋膜(myofascia)などのfascia(ファシア)に存在することが示唆されています。超音波エコー装置を用いて筋膜の癒着部または機能不全部を探し、エコーで観察しながら刺鍼することで従来の鍼施術では難しかった体の深い部分や、神経、血管、肺の近くでも、安全で確実な施術が可能です。
また施術者の経験、技術力に左右されていた鍼施術が原因部位を視覚的に確認できることで経験の差を圧倒的に縮めることができます。さらに
動体時の疼痛も確認できるためどのような動作で痛みがでるかもタイムリーに確認ができるようになります。

超音波エコー装置を用いた施術のメリット、デメリットを下記にまとめました。

メリット
・音波を使った機器のため放射線を使ったレントゲンやCTに比べ圧倒的に非侵襲である。
神経、血管、肺などの臓器の近くでも安全に刺鍼できる。
・レントゲンやMRIで写らないfasciaの癒着が確認できる。
・静止画ではなく動体も確認できるためリアルタイムに動作時の痛み、機能不全が確認できる。
・鍼施術の経験、技術力の差を短期に縮めることができる。
・血流、炎症反応、水腫などが確認できるため施術方針、リハビリのプラン(アスリートであれば復帰時期)が明確に決定できる。
・レントゲンでは写らない初期の疲労骨折、野球肘(離断性骨軟骨炎:OCD)などが観察できる。
・小型機器は携帯性に優れ院外での使用ができる。

デメリット
・観察可能な範囲が狭いため時間がかかることがある。
・骨など硬い組織の後方は観察できない。
・白黒で表示されるため、高度な解剖学知識、超音波エコーの知識が必要。
・機器導入に多大な費用がかかる。


当院での使用機器

東芝メディカル
・Xario100Platinum 1台
・Viamo 2台


xario100p.jpgviamo.jpg


i-Styleのご案内

住      所:
神奈川県横須賀市追浜町2-6
アクセス:
京浜急行追浜駅より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
046-866-1592
営業時間:
9:00-21:00(最終受付19:30)
定休日:
毎週水曜、日曜
臨時休業
5月3日(水)~7日(日)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ