横須賀のi-Styleは本格治療を行うリピート率97%の整体です!

i-Style


坐骨神経痛について

今回は当院でも来院される方の多い「坐骨神経痛」の説明を行っていきます。
皆さんは下肢(腰のあたり)の痛みや違和感を感じて病院に行ったことはありませんか?

医者にすすめられてMRIやレントゲンで検査した人の大半が 「骨に異常は無い」 「腰椎間が狭まっている」 などと説明され最終的には一括りに「坐骨神経痛」という診断で片付けられることが多いのです。


ちなみに坐骨神経痛というのは「病名」ではなく「病状」の名称です。

この場合の病院の対応としてはシップやと鎮痛剤が処方されて終わりという方も少なくないと思いますが、それはもちろん治療ではありません。

具体的な解決策も特にないので、一時的に痛みを緩和してただ症状をごまかしているだけということになります。 


一生治らないと悩みながら、毎日のつらい症状に耐えている方も多いのです。

次に、坐骨神経を説明していきます。
図のように腰から臀部を通り足の先端まで伸びている神経のことです。

t02000450_0200045012261751719.jpg


この神経が、例えば、、、

・腰椎椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症


などの骨格に異常が発生する症状により神経が圧迫されて痛みが腰や下肢でみられるというのが坐骨神経痛の一般的な説明です。しかし、これは誤った考えです。

骨格異常があっても痛みがない、問題なく生活できている人は沢山います。

実のところは筋肉が痙攣している際の痛みを神経の痛みのセンサーが感じとり坐骨神経がその痛みを伝達しているだけなのです。
坐骨神経にそって痛みが広がっていくので勘違いされることが多いのですが、 坐骨神経自体が痛んでいるのではありません。

坐骨神経痛は、大抵はおしり付近にある「小殿筋」という筋肉の痙攣によって引き起こされる場合が多いです。

t02200328_0357053212261754551.jpg

当院でも「小殿筋」が固まることで原因で生じる痛みが坐骨神経痛として診断され、どうにもならなくて困っているということで来院される方が多いのですが、来院された方は治療効果が高くあらわれ、満足して帰られます。 
「小殿筋」は股関節の動きに関わってくる部分です。

この筋肉は通常の生活ではあまり固まらず、痛みを起こすことは少ないのですが、ランニングやウォーキング、片脚で立ったり長時間同じ姿勢をとっていたり足に負担がかかるようなことを続けることでかたまりやすいです。

i-Styleではこの筋肉に対して鍼灸マッサージを行い軟らかくしていくことで痛みを取り去っていきます。

病院で「坐骨神経痛」と診断され、どうにも出来ずに悩んでいる方やもしかしたら自分も坐骨神経痛かもしれないとお悩みの方はぜひご連絡ください。

i-Styleのご案内

住      所:
神奈川県横須賀市追浜町2-6
アクセス:
京浜急行追浜駅より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
046-866-1592
営業時間:
9:00-21:00(最終受付19:30)
定休日:
毎週水曜、日曜
臨時休業
5月3日(水)~7日(日)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ