横須賀のi-Styleは本格治療を行うリピート率97%の整体です!

i-Style


テーピングとは

テーピングは、以前から絆創膏固定術として、整形外科の臨床場面において頻繁に用いられてきました。

ギプス固定のような完全固定とは異なり、任意に運動方向の制限や強度調整、固定が可能であり、今日ではスポーツの分野でも広く利用されています。

テーピング技法においてはさまざまな手法が考え出され、競技種目別・ポジション別・個人別など、特有な貼付方を用いることがあります。

テーピングの目的

① 障害の発生予防

競技の特性により障害を受けやすい部位や運動方向の補強・制限を目的とします。

② 障害の再発予防

一度障害を受けた部位は再度障害を起こしやすい。さらに、精神的にも不安を持つことが多い。そこで再度障害を起こさないよう補強・制限をし、精神的にも安心感を与えることを目的とします。

③ 応急処置

受傷直後、医師が現場にいない場合、医療機関への搬送または医師が現場に着くまでの間、固定・圧迫による安静を目的とする。この場合、患部を圧迫しすぎる巻き方をすると、腫脹による循環障害を起こす可能性があるので、注意をようします。

④ リハビリテーション

障害を受け、整形外科的処置を受けた後、早期にリハビリテーションを施行する場合、任意に運動方向を制限したり、疼痛緩和を目的とします。


i-Styleのご案内

住      所:
神奈川県横須賀市追浜町2-6
アクセス:
京浜急行追浜駅より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
046-866-1592
営業時間:
9:00-21:00(最終受付19:30)
定休日:
毎週水曜、日曜
臨時休業
5月3日(水)~7日(日)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ