横須賀のi-Styleは本格治療を行うリピート率97%の整体です!

i-Style


中医学とは

中国の伝統医学のことで、日本では東洋医学とも呼ばれています。

中医学の特徴


①整体観念(全身のバランスを診る)

人体は自然界の一部であり、人体は自然界より多くの影響を受けて生活しているため、人体の生理的、病理的変化は自然界の変化と相応している事から、人体と自然界は統一体と考えられています。また、人体の様々な臓腑、組織、器官が個々の作用は違うのに互いに協調しながら機能しています。
 
西洋医学では原因のある臓器、器官だけを治療をしますが、中医学は一つの臓器、器官の機能を改善させるだけでなく全身のバランスを整える治療します。
 

②弁証論治

弁証論治は中医学の診断と治療の全過程で、弁証と論治に分けられます。
弁証とは四診により得た情報を分析し病気の原因、性質、状態、部位によって証を診断する方法です。
 
四診
望診(顔色や形態の変化、舌、皮膚の色等を目で見る)
聞診(呼吸、発声、口臭、体臭等を嗅覚聴覚で観察する)
問診(症状の状態や生活環境、食事等の情報を集める)
切診(手指や手掌で肌に触れ診察する。現在の触診に相当する)
これら全ての情報を統括し原因が何なのか、どこから来ているのかを判断します。
 
論治とは弁証が決まったら、それに基づいて治療原則(本治法と標治法、陰陽の調節、補虚瀉実など)を確定し、これに従って具体的な治療方法を決定していきます。
弁証論治により西洋医学では治療困難な疾患でも中医学なら一人一人にあった治療をする事で効果があるかもしれません。
 
 

③中医学の治療原理

疏通経絡・調和気血
経絡は体内の臓腑を連絡し、肢体の内外を連絡するパイプであり、気血津液を運行する通路です。経穴(ツボ)は経絡上にあり、各臓腑の気が交流する場所です。栄養作用のある気血は経絡の通りが正常であれば全身に輸送されますが、外因や内因などにより経絡に異常が生じると一連の病理変化が起こります。
鍼灸は経穴を刺激することにより経絡の運行障害を改善して正常な状態に回復させ、症状を除去する作用があります。
鍼灸は経絡の通りを正常にし、気血を調和することが出来ます。
 
 
 

④補虚瀉実・扶正去邪

疾病の発生・発展・変化の過程は、人体の正気と邪気の絶え間ない闘争の過程で、虚証と実証を形成します。
虚証とは正気の不足による状態で、実証は邪気が盛んになっている状態です。正気が邪気に勝つか負けるかで病気の進退・善悪に関わってきます。鍼灸は適切な経穴を選穴し、それに適する手技を行うことで補虚扶正(正気を補うことで邪気に負けないようにする)や瀉実去邪(邪気を取り去ることで正気を助ける)することができます。
 
 

⑤陰陽の調整

 
病気は体内の陰陽バランスが悪くなることで発症するといわれています。
陰陽とは自然の物質は相反するものがあり、互いが存在することで物質が成り立っているという考え方です
例えば 昼が陽、夜は陰
夏が陽、冬は陰
体表が陽、体内は陰
上半身が陽、下半身は陰
男性が陽、女性は陰
子供が陽、老人は陰  などです。
鍼灸にはこの陰陽のバランスを整える作用があります。
例:冷えには温灸、熱には鍼にて清熱など
 
 
西洋医学の検査では異常がなくても不調がある場合は内臓の機能が弱くなっていたりバランスが崩れているかもしれません。
中医学では、これらの考えや原理を基本に各個人の症状・性質・環境などを見極め、適切な治療法、選穴、手法を施すことにより症状の軽減・消失させます。

kyukaku2.JPG care10.jpg
 

i-Styleのご案内

住      所:
神奈川県横須賀市追浜町2-6
アクセス:
京浜急行追浜駅より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
046-866-1592
営業時間:
9:00-21:00(最終受付19:30)
定休日:
毎週水曜、日曜
臨時休業
5月3日(水)~7日(日)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ